医療的ケア

ユースタイルラボラトリーでは、
難病や障害等により在宅にて医療行為を伴うケアが必要な方へ、
「医療的ケア」を提供するサービスに力を入れています。

  • 医療的ケアとは

    本来は医療的行為は医者や看護師にしか認められていないが、2012年4月に一部法改正されて、一定の研修を受けた介護職には、吸引や経管栄養を認められるようになりました。これを受けて、介護職員も「喀痰吸引」や「経管栄養」などの医療的な行為が含まれるケアが可能となり、訪問介護サービスとしてケアを提供できるようになりました。
    ALSや筋ジストロフィーなどの指定難病や、障害支援区分が区分4以上で特定の条件を満たす方などが対象となります。

  • なぜ医療的ケアをやるのか

    現在医療的ケアを必要とする、ALSや筋ジストロフィー等の難病をお持ちで在宅での生活をご希望される方が多数いらっしゃいます。それに対して在宅で支援を行えるヘルパーの数は少なく、施設での介護やご家族での介護を行われている方がほとんどです。
    これは企業としてサービスに参入するにはリスクが高かったり、特殊な資格が必要だったり、事務手続きや収益面でハードルが高いためです。 ユースタイルラボラトリーではこれに体当たりで取り組むことで、全国で一番のシェアとなるまで拡大する事ができました。
    在宅での生活を諦めてしまっている方に、1人でも多くの人にサービスを届けたい。それが可能である事を知らせたい。その気持ちを応援するために弊社では医療的ケアに取り組んでいます。

  • サービスを待っている方のために

    医療的ケアを行うには特殊な資格が必要となります。弊社ではその資格を社内にて取得できるよう整備しており、ケアのノウハウからなる実用的な技術を伴う指導で、高度な知識と技術を持つ人材を育成しています。
    また、介護従事者の社会的地位の向上も進め、より働きやすい、やりがいを感じる、人のためになる職場環境を用意しています。