[訪問介護] 椎貝 飛美

訪問介護

椎貝 飛美

Shiigai Asumi

入社1年半

前職で治療用食品を販売するお仕事をしていました。
通信販売に特化しておりましたが、患者様から頂く感謝のお言葉が嬉しくて、電話口ではなく直接お会いしもっと近い距離で力になれることはないかなと考え、多くの方との出会いが待っていてくれそうな訪問介護の道を進むことに決めました。

仕事に関するやりがいや思う事は?


「ありがとう」この言葉を聞けた日は喜びもひとしおですが、それだけに限らずご利用者様のお気持ちを感じる事ができた時はとても嬉しく、このお仕事を続けてきてよかったと強く感じる事ができます。
お声を発する事のできないご利用者様も中にはいらっしゃいますが、1対1でじっくり向き合っていく事のできるスタイルの訪問介護の現場では、相手の表情からだけでも十分にお気持ちを読み取る事ができるようになります。喜怒哀楽、様々な感情に寄り添いながらご利用者様の生活を支えるお手伝いができる事、とてもやりがいを感じています。

1日の時間の使い方は?

  • 9:00 出社、前日のサービス報告の確認
  • 10:00 新規サービスの開拓、確認
  • 11:00 新規サービス依頼のご利用者宅訪問
  • 12:00 昼食
  • 13:00 シフト調整・スタッフさんの手配
  • 15:00 既存利用者様宅訪問
  • 17:00 スタッフ、関連事業所さんへの状況報告と改善案提案問
  • 18:00 退社

重度訪問介護の夜間専属現場スタッフからスタートし、スタッフの訪問スケジュールを組み立てるコーディネーターを経て、現在は東京エリアのマネージャーに挑戦をさせて頂いております。
現場での体験や感じてきた思いを活かし、現在現場で活躍中の訪問スタッフみんなの支えになれればと考えています。

入社してからのキャリアパスは?

入社
半年間、非常勤勤務
その後、正社員登用して頂き、コーディネーターへ

仕事を検討している人に一言

私自身、介護経験も無くこのユースタイルラボラトリーに飛び込んできました。
同じ現場で働く仲間から、ご縁あってケアに携わらせていただいているご利用者様から、日々たくさんの素敵な刺激を頂き毎日過ごさせて頂いております。
「あなた達がいて初めて、私が目にする事のできる景色が変わる」そんなお言葉を下さったご利用者様がいらっしゃいました。
ケアを通じて自分自身とも向き合う事ができ、また使命感を持って取り組める奥深いお仕事だと感じています。
皆様にも是非そんな思いを感じて頂き、一緒に楽しくお仕事ができればと思います!

このお仕事はこちら